XM(エックスエム) 取引商品(エネルギー)

XM(エックスエム) 取引商品(エネルギー)

今回の記事をお読みの前にXM( エックスエム)の詳しいレビューや、
無料の解説マニュアル配布など、お得な情報を知りたい場合はコチラから確認ください。

話は戻しまして、

XM(エックスエム) 取引商品(エネルギー)について、御案内致します。

XMTradingでのエネルギー取引の利点
・髙いボラティリティ – より大きな価格変動
・原油取引-世界で最も活発に取引されている商品
・市場動向に合わせショート・ロングポジションを選択
・最低5米ドルの証拠金から取引可能
・原油CFDにおけるオーバーナイトローンなし
・追加手数料適用なし

利用可能な取引銘柄
BRENT、GSOIL、NGAS、OIL、OILMn

* 現在の市場価格から損切りや利益確定を設定するための最低距離。
CFD商品の証拠金計算式は、「ロット数 × コントラクトサイズ × オープン価格 × 証拠金率」となり、口座設定のレバレッジによって計算されません。

CFD商品のポジションを両建てで保有する場合の証拠金は常に50%です。
満期日に未決済のポジションは強制決済となります。

表示されている日付は変更される場合があります。 上記日付は「日/月/年」の順にて記載されています。上記のスプレッド/取引条件は、全タイプのXM(エックスエム)取引口座に適用されます。

エネルギーについて
エネルギー価格の最も典型的な特徴は、高い変動性にあります。
これは、多数の政治的および環境的要因が影響を与えるために起こります。

また、多くの需要・供給要因もまたエネルギー価格に影響し、最大のものとしては、世界経済成長が挙げられます。経済繁栄期にはエネルギー需要も増加する一方で、経済停滞期には消費が減少します。

経済的な変化に加え、異常気象もエネルギーに重大な影響を及ぼす場合があり、原油、天然ガス、または灯油の供給停止につながります。

結果として、こうした状況はこれらのエネルギーに関連した多くの消費者サービスの需要を減少または増加させることになります。

さらに、世界最大の天然ガス地域のいくつかにおける政情不安により、世界のエネルギー価格は大きく左右されます。

原油は国際化された24時間開かれた市場で、その価格は絶えず動き続けます。
このため、速い動きを求め、原油価格の取引をする最も簡単な方法としてCFDを選ぶデイトレーダーにとって、原油は理想的な商品となっています。

是非、ご参考ください。

XM(エックスエム)新規ご登録はこちら↓


.

.


 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


総合優良バイナリーオプション業者ランキング


おすすめ記事

期間限定で無料公開中!

無料会員ページはコチラ▼

ブログランキング