ザ・オプション(theoption) FXとバイナリーの違いについて

ザ・オプション(theoption) FXとバイナリーの違いについて

ザ・オプション(the option) の会社概要について案内していきますが、その前にザ・オプションの詳しいレビューも知りたい方も多いので詳しいレビューとお得な情報を知りたい場合はコチラから確認ください。

それでは本題に戻りまして解説していきます。

ザ・オプション(theoption)FXとバイナリーの違いについてご案内致します。

ザ・オプション(theoption)は、バイナリーオプション取引のみを取り扱う海外専門業者です。
海外業者と言えば、FX取引でも日本へ参入している業者も沢山あります。

ところで、FXとバイナリーの違いは何なのか?
基本的なジャンルとして投資分野に変わりがないのですが、取引に対する根本的な手法が違うので同じ考えでトレードしていては、思うように勝てない場合があります。

特にバイナリーオプション取引初心者の方には、是非参考にして頂きたいのですが、FXトレードというのは基本的に買いがあり売りがあり、あくまでも売りに出すまで継続したトレードが展開されるのですが、バイナリーオプションの場合、あらかじめ開始前からペイアウト率や満期時刻が決められている短期決済型のトレードです。

また、オプション取引によっては、分刻みまたは30秒間という秒刻みによって、次々と次の時刻によるトレードが展開されるので、分析の仕方も短期型のバイナリー仕様にシフトしていかなければなりません。

例えば為替相場として、毎日テレビや新聞でも情報が流れておりますが、FX取引では参考となる情報となりますが、反対にバイナリーオプション取引に関しては、基本的に分刻みのトレード時間となりますので参考にならず、それこそ60秒間や30秒間の短期トレードとなれば、テレビやニュースの情報などは全くの無意味に等しいのです。

基本的なルールとしても、バイナリーでは現在の相場に対し満期時刻の時点で、上昇する場合ハイ、下落する場合はローといったエントリーの選択にも違いがあります。

更にFXトレードの場合、上昇した幅によって利益を生み、更に幅がどんどん広がれば広がった分だけ高額な利益を確保出来るトレードに対し、バイナリーではトレード開始前からペイアウトが決められているので、幅というのは全く関係が無く、広がっても狭まったとしてもペイアウト率は全く変わりがないのです。

要するに値の幅が広がれば広がった分だけ、これをスペースとして捕え、そのスペースが広がった分だけ勝利(ペイアウト)を獲得する確率が高くなるというトレードなのです。

反対に、狭まれば狭まった分だけ勝利(ペイアウト)を獲得する確率が低いという訳ですね。

今回ご紹介するザ・オプション(theoption)サイトに関しても
、先程ご紹介した通りバイナリーオプション取引のみを取り扱う海外のバイナリーオプション専門業者です。

更にザ・オプション(theoption)サイトの中でも、今現在のマーケット価格に対して、終了時間の時点で上がるか下がるかを予想する取引(ハイ&ロー)をはじめ、スプレット幅を利用したペイアウト率100%のこのスプレッドHIGH/LOW取引、また30秒、60秒、2分、5分の速攻型の短期取引、更にこの短期取引からスプレット幅を利用したペイアウト率100%のスプレッド短期取引と、各オプション取引による種類があり、また各オプションごとにルールが違いますので、FXの経験者だからと言って、バイナリーは覚えやすく簡単だからという軽い感覚だけでトレードした所で、思わぬ墓穴を掘る場合もありますので、FXトレードとバイナリートレードを切り離して別分野としてトレードに臨まれた方が良い結果が生じるのです。

是非、ご参考ください。

■ザ・オプションビット公式サイトはコチラ▼



 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


総合優良バイナリーオプション業者ランキング


おすすめ記事

期間限定で無料公開中!

無料会員ページはコチラ▼

ブログランキング