XM(エックスエム)取引商品(貴金属)

XM(エックスエム)取引商品(貴金属)

今回の記事をお読みの前にXM( エックスエム)の詳しいレビューや、
無料の解説マニュアル配布など、お得な情報を知りたい場合はコチラから確認ください。

話は戻しまして、

XM(エックスエム) 取引商品(貴金属)について、御案内致します。

XMTradingでの貴金属取引の利点
・リクオートなしにオンラインで金・銀取引
・FX以外の魅力的な投資
・流動性の高い市場
・同一口座でショートまたはロングポジションを選択
・最大888:1倍のユニークなレバレッジ
・追加手数料なしで取引

利用可能な取引銘柄
GOLD、SILVER、PALL、PLAT

* 現在の市場価格から損切りや利益確定を設定するための最低距離。
** 次の取引日へ未決済ポジションを継続して保有する場合、お客様は通貨ペアの2つの通貨の金利レートの相違に基づいて計算された特定金額を支払うか、受け取ります。
この処理を”スワップ”と呼びます。

取引ターミナルでは、”スワップ”は自動的に入金通貨に変換されます。
こちらの処理は00.00(時刻帯はGMT+2、夏時間に注意)に実行され、数分を要します。水曜日から木曜日のスワップには3日分が請求されます。

*** ここに記載されている平均スプレッドは、一日を通して算出されます。
通常の市場コンディションにおいてスプレッドはより狭くなる傾向があります。

しかしながら、重要なニュースの結果や政治的に不安定な期間、予期しない出来事によって市場コンディションが不安定となる可能性がある場合、セッション終了直前や週末など流動性の低い時間帯では、スプレッドが広がる可能性があります。

お客様がXM(エックスエム)にて取引する際、Trading Pointがお客様のパートナーとなります。
お客様の取引のニーズ及びリスクは、全て現在の市場スプレッドにてXM(エックスエム)のリクイディティープロバイダーの協力のもとヘッジされます。

しかしながら、市場コンディションが不安定で流動性が低い場合は、XM(エックスエム)のリクイディティープロバイダーは通常よりも大きなスプレッドを請求します。

そのような場合には、Trading Pointはそのスプレッドの増加の一部をお客様にご負担いただくことを余儀なくされます。

満期日に未決済のポジションは強制決済となります。

CFD商品の証拠金計算式は、「ロット数 × コントラクトサイズ × オープン価格 × 証拠金率」となり、口座設定のレバレッジによって計算されません。

CFD商品のポジションを両建てで保有する場合の証拠金は常に50%です。

表示されている日付は変更される場合があります。 上記日付は「日/月/年」の順にて記載されています。

ゴールド取引と貴金属市場
原油、銅や石油と並び、ゴールド取引とその他の貴金属は、コモディティ市場において主要な役割を担うハードコモディティであり、契約型にて取引される商品です。貴金属に基づいた契約には先物、スポット価格、先渡、オプションが含まれます。

先物取引(またはコモディティ)市場を介して、先物契約の交渉が成立します。世界中の投資家は、ゴールドやシルバー、プラチナ、パラジウムなどをその高い金融価値と持続性から先に取引可能な資産とした上で、約50の主要なコモディティ市場にアクセスすることができます。

アジアが世界最大の貴金属市場である一方(中国、インド、シンガポールがこれらのコモディティの上位消費国です)、コモディティ市場は欧州・アメリカの企業によって独占されており、最大の貴金属企業はカナダとドイツに拠点を置いています。

通貨や株式指数の他にもゴールドその他の貴金属がアクティブに取引されている先物取引市場では、週末以外一日24時間取引可能です。

一般的に、貴金属は主にスポット取引と先物取引の2つの方法で購入されます。スポット取引にはスポット日(取引日から2営業日後が一般的)に支払いと納品がされるこれらのコモディティの実際の売買が行われるのに対し、先物は規格化された契約であり、双方の当事者によって特定の量の貴金属が同意された価格(先物価格と呼ばれる)にて未来の日付における納品および支払い(納品日と呼ばれる)での売買が同意されているものです。

先物の売買は、取引されているコモディティの実際の現物を所有することなく、オンライン取引を介して行われます。

ゴールドと貴金属の取引
最も頻繁に取引されている貴金属は、ゴールド、プラチナ、パラジウムおよびシルバーであり、これらのコモディティの高い取引量は、これらの貴金属固有の経済状況に左右されない持続的価値によるものです。

長期投資としての貴金属のオンライン購入や現物所有の傾向はここ数十年間に大幅に高まっています。
デリバティブおよび証券取引所売買の取引は資金を多く必要とせず、値動きに対してポジションを持つ方法がよりシンプルなため、貴金属取引は短期投資に興味のある方にもその機会を提供します。

生産と消費動向に大きく左右される多くのコモディティとは異なり、例えば、ゴールドの取引価格はそういった変動要因に影響を受けません。

ゴールドの取引価格は政治的な変化動向に反応するので、ゴールドは不透明な時期において他の市場に対するヘッジとして機能します。

ゴールドとともにプラチナ、パラジウムおよびシルバーも貴重な資産であり、それらを財政不透明時の価値の保管とみなす投資家によって取引されます。

価格変動に影響を及ぼし貴金属市場にボラティリティを引き起こす要因は複数あります。最も重要な要素の一つは、投機的な性質の投資を行い、価格の上下変動を引き起こす世界的な金融機関です。

市場に影響を及ぼすもう一つの要因は、主に宝石購入者によって引き起こされるエンドユーザーの傾向です。宝石の需要が貴金属市場の価格を引き上げます。経済も市場価格に影響を及ぼします。

世界的に成長率の高い経済圏では、富のレベルが直接ゴールドやその他の意金属宝石の需要に相関します。

投資家がリスクの高い投資オプションを探す場合、他の貴金属の価格が上がる時に特定の貴金属の価格は下がります。最後に、貴金属以外のその他のいくつかの金融資産への需要も価格変動に影響を及ぼします。

ゴールド取引および貴金属の歴史的概要
貴金属、特にゴールドは常に富の象徴です。

ゴールドが物々交換に用いられていた有史前の時代から何世紀もの間、純度と重量固定の硬貨や延べ棒、金塊は貴重な需要の多い資産であり続けています。

最初の金貨が作り出されたのは紀元前600年であり、通貨交換(金基準)としての利用は1930年代まで続きました。

誘電性が高く、可鍛性がある金属であるゴールドは他の成分に反応しないため、宝石から商業科学、電子機器や薬剤まで様々な業界で利用されています。

コモディティマネーとしてのゴールドが不換通貨システムに取って代わったのは、わずか1976年以降であり、今日まで強固な投資資産として残っています。

ゴールドとともに、シルバーは19世紀まで続いた銀基準にて4000年以上の間通貨交換に用いられてきました。製造、商業、消費者の需要によりシルバーは強い投資対象資産であり、シルバー先物のようなデリバティブ商品は世界の様々な証券取引市場で取引されています。

オンライン取引の出現により、シルバー交換取引商品は、投資家にとってシルバー価格を公開させる簡単な方法となり、長期的な投資対象となっています。

古代文明時代から投資資産として用いられてきたゴールド取引やシルバー取引と比べ、プラチナやパラジウムは金融分野における歴史は浅いです。

しかしながら、その希少性および年間発掘量、複数の産業分野における様々な用途から、時にはゴールドを超える価格にて売られる傾向があります。

ゴールドよりも10倍希少なプラチナは富に関連し、白金とプラチナの合金はコロンビア文明以前から用いられていました。

ヨーロッパにおけるプラチナの最初の言及は16世紀になされ、18世紀以降は宝石やモーター、化学、歯学や薬学にまでわたる様々な産業で用いられています。

プラチナ同様、パラジウムもテクノロジーに主要な役割を担っています。

19世紀にヨーロッパで発見されて以来、パラジウムの世界的需要は特に自動車業界において大幅に上昇しており、薬学業界や電機業界、宝石、そしてもちろん投資資産として広く利用されています。

需要と供給(市場の価格決定)により、経済が持続的に安定しているときには、プラチナとパラジウムの価格はゴールド並み、もしくはそれ以上の価格となりますが、経済が不安定な時にはそれらの価格はゴールドの価格には至らないほどに落ち込みますので、ゴールドがより安定した投資対象となります。

今日のゴールドと貴金属取引
貴金属は、1970年代以降最も人気のあるハードコモディティのいくつかに数えられてきました。

通貨交換(FX)取引の他、ゴールドやその他の貴金属に長期投資することは、インフレの時期や経済・政治的不安定な時にリスク管理のポートフォリオを組む上で世界的に人気のある方法です。

先物契約はいわゆるデリバティブ契約と呼ばれるものであり、その価値が根本となる資産のパフォーマンスから導き出されることを意味します。貴金属の先物に投資をする主要な目的の一つは、リスク緩和です。

未来の取引のために前もって価格やレートを固定する選択肢を契約の買い手と売り手に与えることで、双方が損失を拡大させかねない激しいもしくは突然の値動きから資金を守ることができます。

貴金属は両方向に取引可能です。
相場が上昇することが見込まれる(強気トレンド)場合は、先物契約を買う取引(ロングポジション)を行い、それを売ることによって手仕舞いします。

一方、下落方向の値動きが見込まれる(弱気トレンド)の場合は、先物契約を売る取引(ショートポジション)を行い、契約を買い戻すことによって手仕舞いします。複数の個別エントリーおよびイグジットをすること(異なる複数の価格にて契約をし、一つの価格にて手仕舞うこと、もしくはその逆)により、複数の先物契約を取引することも可能です。

両方向に取引できることにより、投資家は上昇相場でも下落相場でも利益を獲得することができます。

是非、ご参考ください。

XM(エックスエム)新規ご登録はこちら↓


.

.


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


総合優良バイナリーオプション業者ランキング


おすすめ記事

期間限定で無料公開中!

無料会員ページはコチラ▼

ブログランキング