オプションビット(OptionBit) レンジ取引

オプションビット(OptionBit) レンジ取引

オプションビット(OptionBit)新プラットフォームのレンジ取引の操作方法と取引ルールについて説明していきますが、その前にオプションビットの詳しいレビューや、お得な情報を知りたい場合はコチラから確認ください。

話は戻しまして、

レンジ取引とは、現在価格に対し、上昇ターゲットアップエリア、下落ターゲットダウンエリアが表示されます、その範囲内にあるかどうかを予測します。

終了時にその範囲内(エリア内)に収まっていれば高額なペイアウトを獲得出来る取引です。市場が荒れず、安定的な値動きこそレンジ取引をお薦めします。

それでは、レンジ取引について判り易く解説していきましょう。

●【OptionBit–オプションビット】

コチラ⇒55china.net/url/optionbit_main.htm

オプション取引を選択

ログインしましたら、レンジ取引を行うには「レンジ」の部分をクリックしていきます。

ジャンルを選択

レンジを選択しましたら、次に銘柄のジャンルを選択します。

取引銘柄を選択

ジャンルを選択したら、続いてチャート画面の下に表示されているトレードされる「取引銘柄」を選択します。

チャート画面

「取引銘柄」を選択する事により、その銘柄のチャート画面が表示されます。
こちらで、選択&購入を行っていきます。

満期時間

まず、満期時間(終了時刻)を選択します。

ハイまたはローを選択

満期時間を選択しましたら、次にチャートを確認しながら、ハイまたはローを選択していきますが、チャートを見て頂くと黒、緑、赤の3本線が確認できます。

ハイの場合

今現在の市場価格(マーケット価格)に対し、満期時間(終了時刻)の時点で値が上昇して、設定された緑色のターゲット価格までの範囲内(赤枠のエリア内)に収まると予想した場合「ハイ」を選択します。

ローの場合

反対に、今現在の市場価格(マーケット価格)に対し、満期時間(終了時刻)の時点で値が下落して、設定された赤色のターゲット価格までの範囲内(赤枠のエリア内)に収まると予想した場合「ロー」を選択します。

これが、レンジ取引のルールとなります。
※一度ターゲット価格を離れても、満期時間までに、指定されたエリア内に収まっていればリターン率を獲得出来ます

投資金額を入力または選択

そして、ハイまたはローを選択すると、右側に金額欄が表示されます。
こちらから投資金額を入力、または下の段から金額を選択ください投資金額は1,000円(10ドル)~となります。

トレードの開始

投資金額を入力して、準備が全て整いましたら右下にある「トレード」パネルをクリックします。

トレードスタート

「トレード」パネルをクリックすると、投資成功パネルが表示されます。
この5秒後に正式にトレードがスタートします。
※至急開始されたい場合は「OK」ボタンを押すと、今すぐトレードがスタートします。

オープン取引パネル

取引が確定すると画面下にオープン取引が表示されます。
更に、一番右側をクリックすると・・・

オープン取引状況

右側をクリックすると
オープン取引の現在の状況が確認できます。
【ターゲット】は開始されたターゲット価格となります。
【マーケット】は今現在の価格となります。
【ペイアウト】は戻る価格となります。 

一覧をクリック

更に、オープントレードの一覧をクリックすると・・・

取引状況専用チャート

更に、詳しい取引状況専用チャートが表示されます。
この画像で例えると、赤い枠(エリア内)を維持させ満期時間(終了時刻)を迎えれば、リターン率が獲得されます。

以上、レンジオプション取引の操作方法と取引ルールについて説明を終了します。
是非参考にしてください。

当サイト限定のオプションビットのスペシャルプレゼントはコチラ↓


関連記事


総合優良バイナリーオプション業者ランキング


おすすめ記事

ブログランキング