バイナリーオプションのペイアウト率とは?ザ・オプション(The Option)

バイナリーオプションのペイアウト率とは?ザ・オプション(The Option)

ザ・オプション(The Option) の詳しいレビューも知りたい方も多いので詳しいレビューとお得な情報を知りたい場合はコチラから確認ください。

それでは本題に戻りまして解説していきます。

バイナリーオプションでの利益の算出方法は
とても単純でペイアウト率で簡単に計算することが出来ます。

これから取引を始める方のためにバイナリーオプションの
ペイアウト率とは?を例を用いて解説します。

ペイアウト率というのは取引や取引の種類によって業者ごとに
決められている払い出し率のことです。

だいたい1.7~2倍の範囲内でペイアウト率が設定されています。
みんなのバイナリーでは1.1~20倍の変動倍率が採用されていますが、
変動倍率は特殊な倍率なので基本的には倍率は2倍までです。

例としてペイアウト率1.9倍の取引、価格が現在よりも高くなるか
安くなるかを予想するハイ&ローに参加したと仮定します。

この取引で高くなる方に10,000円を投資し、自分が予想した通り
現在価格よりも高くなって判定時間になったとします。
予想が当たり取引が成功したので業者から報酬が払い出されます。

払い出しの計算方法は投資額10,000円に
この取引のペイアウト率1.9倍を掛けるだけです。

なので計算はとても簡単で10,000円掛ける1.9倍で
19,000円が業者から払い出されることになります。

市場がどれだけ値動きしたのか、価格はいくらで
終了したのかは払い出し額に関係ありません。

バイナリーオプションではどの取引でも
ペイアウト率で払い出し額が決定します。

では予想が当たらなかった場合もペイアウト率は関係あるのか?
ということですが、ペイアウト率は予想が当たった時にのみ有効な倍率です。

予想が当たらなかった時は投資額にペイアウト率を掛ける必要はありません。
1取引に投資した額が10,000円であれば10,000円が業者の取り分になるだけです。
予想が当たらなければ投資額がそのままなくなるだけなので、計算は必要ありません。

予想が難しい取引や、GMOクリック証券の為替オプションのように業者の総取りになる
レンジ外というルールを設けている場合はペイアウト率が高く設定されていますが、
どんな取引でも損失は投資額そのままです。

ペイアウト率は払い出しの計算の際にのみ適用される倍率です。

ザ・オプション(The Option)新規口座開設はこちら▼

 




関連記事


総合優良バイナリーオプション業者ランキング


おすすめ記事

ブログランキング