ザ・オプション (the option) ローソク足について

ザ・オプション (the option) ローソク足について

ザ・オプション(the option) の会社概要について案内していきますが、その前にザ・オプションの詳しいレビューも知りたい方も多いので詳しいレビューとお得な情報を知りたい場合はコチラから確認ください。

それでは本題に戻りまして解説していきます。

今回は、ザ・オプション (the option)のローソク足についてご案内致します。

バイナリーオプション取引をされる方であれば、このローソク足という言葉を必ず耳にされたと思います。

ただ、バイナリーオプション取引の初心者にしてみれば、何のことだか見方がわからなくて、敬遠された方も沢山居るのでは??
と感じますね。

何も考えずに、ハイまたはローをただ単に予想してみたり、負けたら倍賭けでどんどん投資額が増えていくというマーチンゲール方式なんかねぇ・・・

ただ、このようなトレードでは、何の為にザ・オプション (the option)取引チャートが存在しているのか?になってしまいますね。

当然、バイナリーオプションやFXの参考となるローソク足による攻略法などを御覧になった所で、チンプンカンプンで理解に苦しむお気持ちもわかりますが、投資経験のある方でしたら、約6割7割の方はこのローソク足の分析チャートを参考にしながらトレードを行っているのです。

しかし、ローソク足と言っても物事には必ず基礎というものが存在します。
難しく考えずに簡単な基礎から、コツコツと学んでいけばそう難しいものではありませんし、また基礎さえ掴んでしまえば、あとは日常的なパターンの繰り返しのようなものなんですね。

また、ザ・オプション (the option)サイトでも、デスクトップアプリというテクニカル分析を使った専用ツールが使い放題でご利用になれるのですが、しかし基礎が判らなければ、チャートを見た所で何のことだかさっぱりわからず、反対にそのツールも宝の持ち腐れで終わってしまいます。

という事で、今回はローソク足の基礎についてご案内していきたいと思います。

ローソク足とは?

ローソク足とは、相場の4本値(始値、高値、安値、終値)を用いて一本の棒状の足を生成したものです。
このローソク足を並べていくことで、相場の状態や流れを一目でわかるようにしたチャートをローソク足チャートといいます。

ローソク足には、「陽線(ようせん)」と「陰線(いんせん)」の2種類があり、始値より終値が高い場合を「陽線」といい、始値より終値が低い場合を「陰線」といいます。
また、ローソク足は、実体と上ヒゲ(うわひげ)、下ヒゲ(したひげ)の3つから成り立っています。

そして、今回は非常に参考となるローソク足による基礎的動画を見つけましたので、ご紹介させていただきます。

ローソク足の基礎講座

非常に丁寧で、参考となる判り易い動画なのでUPさせて頂きました。

ローソク足動画を参考にしながら、まずはザ・オプション (the option)サイトで提供している、デモ取引で是非、実践練習してみてくださいね。

 

■ザ・オプションビット公式サイトはコチラ▼


[/wc_row


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


総合優良バイナリーオプション業者ランキング


おすすめ記事

今だけ初回入金で5000円GET!

期間限定で無料公開中!

無料会員ページはコチラ▼

ブログランキング