ザオプション(theoption) 短期トレードの歴史

ザ・オプション(the option) の会社概要について案内していきますが、その前にザ・オプションの詳しいレビューも知りたい方も多いので詳しいレビューとお得な情報を知りたい場合はコチラから確認ください。

それでは本題に戻りまして解説していきます。

ザオプション(theoption) 短期トレードの歴史

ザオプション(theoption)短期トレードの歴史について、ご案内致します。

バイナリーオプションの歴史として、オプション取引の基礎といえばハイロー取引が基本取引ですが・・・

2010年スポットオプション社が60秒間というトレードを開発したのがきっかけで、今現在ではザオプション(theoption)を始め、他の海外バイナリーオプションサイトでも、この速攻型の短期トレードが日常的に当然という時代へとなりました。

ちなみに、この60秒間トレードは、開始と同時に海外が先行し、余りにも反響が凄かった為、この影響で日本への進出が遅れてしまったのです。

そこで、同じスポットオプション社のソフトを利用していたスマートオプションという海外バイナリーオプション業者が、スポットオプション社関連のトレードラッシュサイトより先に国内の短期トレードを開始してしまったのです。

その関係で、海外での短期トレードデビューは、開発したスポットオプション社のトレードラッシュサイトですが、国内デビューはスマートオプションサイトという訳なのですね 笑

という訳で、スマートオプションが一足先に60秒間トレードをオープンしてしまったのですが、のちにトレードラッシュサイトも国内へ進出し、60秒間トレードを開始させ、国内でも短期トレードの人気に火がついたのです。

ただこの状況に、国内でも最も有名で人気サイトだった24オプションがこのまま黙っている訳にはいきませんで、60秒間というトレードは一体どんなものなのかを、緊急で徹底的に研究し、国内で3番目に60秒トレードをオープンさせ、この3社が中心となりし烈な争いを繰り返し、のちに24オプション、スマートオプション、トレードラッシュこの3社が海外バイナリー御三家と国内で言われる様になったのです。

その後、30秒間トレードも開始され現在に至るのですが、このような時代があったからこそ、速攻型の短期トレードが今現在でもトレードされているという事をご参考にして頂ければと思います。

今回ご紹介するザオプション(theoption)も短期トレードがございます。
30秒、60秒、2分、3分、5分と5種類ございます。

更にスプレッド短期取引といって、今現在のマーケット価格に対して、予想通りに上昇または下落し、更にあらかじめ設定された価格を超えなければなりませんが、その分ペイアウト率も100%と高額なトレードという事で、ザオプション(theoption)サイトも速攻型短期トレードも充実しておりますので、是非チャレンジしてみてください。

■ザ・オプションビット公式サイトはコチラ▼



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


総合優良バイナリーオプション業者ランキング


おすすめ記事

期間限定で無料公開中!

無料会員ページはコチラ▼

ブログランキング