XM(エックスエム) Metatrader (MT4)に関して

エックスエム Metatrader (MT4)に関して

XM(エックスエム) Metatrader (MT4)に関して、御案内致します。

Metatrader (MT4)に関して
MetaTrader 4(通称MT4)は、外国為替証拠金取引に広く利用されている電子取引プラットフォームであり、ロシアのソフトウェア会社MetaQuotes Software Corpが開発したもので、現在では世界中500以上の金融業者および銀行に ライセンス提供されています。

2005年に発売開始されたMT4トレードソフトウェアは、その機能の使い易さのみならず、ユーザーが自身の取引の筋書きと取引ロボット(通常エキスパートアドバイザーと呼ばれる)を用いた自動取引をも簡単に利用できるため、個人投資家を中心に爆発的な人気を得ました。FX取引並びにCFD商品取引(様々な金融商品に対する差金決済取引)において、 MetaTrader 4はオンライントレーダーや投資家にとって必要不可欠で馴染み深いものとなっています。

MT4は、グローバル市場へのアクセスを可能にする最も人気のあるオンライン取引プラットフォームであるだけでなく、外国為替証拠金取引のための最も効率的なソフトウェアであると位置づけられています(特に、個人のオンライントレーダーのために開発されています)。

オンライン(もしくは電子的な)取引プラットフォームは、金融仲介を行う(買手と売手の取引を実行することによって彼らの間の処理を簡素化する)金融機関(証券業者等)のネットワークを介して様々な金融商品の取引注文を出すために用いられるコンピュータベースのソフトウェアプログラムです。

オンライン投資家は取引プラットフォームが配信するライブ市場価格で取引をすることができ、更にこれらのプラットフォームが提供する取引口座管理、ライブニュース配信、チャートパッケージ等の追加の取引ツールを用いて見込み利益を拡大させ、エキスパートアドバイザーと呼ばれる取引ロボットを利用することも可能です。

通貨や普通株、債券、オプションなどの一連の金融商品の取引に用いられている今日のオンライン取引プラットフォームと比較して、最も初期に用いられていた同様のソフトウェアのバージョンはほとんど株式取引に限定されたものであったと言っても過言ではありません。

1970年代まで金融業者とその相手との金融取引はまだ手動で処理されており、トレーダーは世界的な金融市場に直接アクセスする手段を持たず、仲介業者を介する以外に方法はありませんでした。少なくともこれらの処理の一部を実行するために電子取引プラットフォームが適用されるようになったのもこの時期でした。

そのような初代プラットフォームは、主に株式取引に使用され、顧客と金融業者が注文を出し、後で承認されるという形のRFQ(見積依頼)システムとして知られていました。1970年代からは、価格のライブ配信を提供しないEトレーディングプラットフォームは、次第に価格のライブ配信やより高度な顧客ユーザーインターフェースとともに注文の即時約定に近いものを提供し、より高度なソフトウェアへと進化しました 。

MT4の開発工程
初代インターネットベースの外国為替取引(FX)は1996年に出現し、外国為替取引の開発は加速化し、顧客市場の拡大を可能にしました。

結果として、ウェブベースの外国為替証拠金取引は個人の顧客が世界市場にアクセスし、自らのパソコンから直接通貨取引を行うことを可能にしました。

そのような電子取引プラットフォームの最初のジェネレーションはパソコンにダウンロードする基本的なソフトウェアであり、当初は使い勝手が悪いものでした。

その後テクニカル分析やチャート作成ツールなどの新しい機能が次第に追加され、結果として取引ロボットなどの自動取引ツールとの適合性を持つなど高度なものとなり 、更にはウェブベースのプラットフォームおよびモバイル端末(スマートフォンやタブレット等)で取引することも可能になりました。

オンライン取引プラットフォームの導入に伴い、 外国為替市場の分野が出現し急速な成長を遂げていますが、その背景として個人投資家が金融取引業者や銀行を通して世界市場にアクセスするオンライン取引ができるようになったのがあります 。

この市場分野は個人投資家でも市場にアクセスして少額で取引をすることを可能にしました。特に外国為替証拠金取引において、技術的により洗練された取引プラットフォームの需要は高まり続け、個人が世界市場を相手に直接取引を行う需要は拡大しました。

2005年に発売されたMetaTrader 4オンライン取引プラットフォームは、まさにこの需要を満たすソフトウェアであり、非常に多くの外国為替証拠金取引トレーダーが世界中どこからでもバーチャルに為替およびその他の金融商品へ投機や投資出来るようになりました。

Metatrader (MT4)の活用
現在、50万人以上の個人トレーダーが日々の取引にMT4プラットフォームを使用し、投資決定を容易にしてくれる様々な機能(自動取引やモバイル取引、ワンクリック取引、ニュース配信、備付けカスタムインジケータ、多数 の注文、複数のインジケータやチャート作成ツールの取扱い能力など)を大いに活用しています。

初心者トレーダー及び多様な投資スキルを持つ経験豊かなトレーダーの双方に適しているMT4は、世界中のいかなる場所においても利用できる現代の究極の取引ソフトウェアといって良いでしょう。

MT4と自動取引
オンライン投資家の間で自動取引は、反応時間が非常に速く、MetaTrader4のMQLプログラミング言語を使用してトレーダーが前もって設定する取引ルール(エントリーや利益確定)に基づいて取引注文を自動的に処理する便利なツールとしてよく知られています。

システムトレードの名でも知られる自動取引には他にも利点があります。

それは、トレーダーが設定したルールに基づいて取引を機械的に実行するため、しばしば取引決定によくない影響を及ぼす感情的な部分を取引から排除することができる点です。従って、自動取引は取引における 全ての分析的な工程とともに投資家の代わりに取引を行う特徴を有します。

MT4プラットフォームの最先端技術は、その完全に統合された機能として自動取引を提供し、繰り返される取引注文を手動取引では不可能な速さで実行します。これにより多くの投資家にとって毎日の繰返し的な市場観察時間や取引執行時間に伴う非常に多くの時間を節約出来るのです。

バックテスティング(前もって取引戦略を試すこと)は自動取引のさらに魅力的な特徴です。これは取引ルールを過去の市場データに適用することで、投資家が複数の取引アイディアの効果を評価できるようにしてくれるものです。

適切なバックテスティングにより、トレーダーはトレードアイディアを簡単に評価、調整することができ、後にそれらを自身の取引に適用し、よりよい結果を引出すことができます。自動取引はそれ自体で既に効果的ですが洗練された取引方法であるため、特に学習期間中の初心者トレーダーは少額から開始することをお薦めします。

さらに、機械的な故障があると自動システムによって実行される取引の結果に影響を及ぼす場合があるため、質の良くないインターネット接続をお使いのトレーダーの多くは自動システムによって処理されている取引を自ら監視しなくてはなりません。

インターネット接続速度の低下やコンピュータの故障、予期しない停電等の好ましくない要素を取除くため、XM は光ファイバー接続をベースとする無料MT4 VPS(バーチャルプライベートサーバー)サービスを提供し、お客様がMT4 VPSに接続してシームレスな取引を享受できるようにし、常に自動取引およびエキスパートアドバイザーの円滑な実行を確実にします。

自動取引とMQL
自動取引がMetaTrader 4の最も人気のある機能の一つであるということは疑う余地はありません。
2014年以来、NASDAQおよびニューヨーク株式取引を含むアメリカ合衆国の株式取引の75%以上は自動取引システムの注文を通して実行されました。

MT4ソフトウェアにおける今日の自動取引が個人 投資家にとっても利用可能であるということは非常に大きな利点であり、 株式のみならず外国為替(FX)や先物、オプションの取引も可能にしています。

MT4プラットフォームは、取引戦略を実行するために登録商標であるスクリプト言語MQL4を使用しており、トレーダーが自らのエキスパートアドバイザー(取引ロボット)やカスタムインジケータ、スクリプトを開発するのを助けてくれ、MT4戦略テスターを用いて自身のEAを試験し、最適化することを可能にします。

MQL4は非常に多くの機能を含み、トレーダーが過去に受取った価格や現在の価格を分析したり、備付けのテクニカルインジケータを使用して価格を追跡したり、自身の取引注文を管理するだけではなく継続的に運用管理することが出来ます。トレーダーはMT4ソフトウェア上で30個以上のカスタムテクニカルインジケータを使用できます。

これらはFX以外にも様々な金融商品で利用可能ですので、投資家は価格の動きのパターンや市場トレンドを特定し、さらにはトレードシグナルを管理するだけではなく、エントリーポイントや利益確定ポイントを見定めることができます。

MQL4のプログラム言語に書かれている取引プログラムは、様々な目的に使用され、トレーダーに多くの機能を提供します。

特定のチャートにリンクされているエキスパートアドバイザーは、取引の可能性に関する貴重な情報をオンラインの投資家に提供し、注文を直接取引サーバーに送信することによってトレーダーに代わって取引を実行することもできます。

またMQL4を使用することによって、投資家は自らのカスタムインジケータを作成し、それらを顧客端末のMT4で既に利用可能なインジケータに加えて使用することができます。

MQL4は、スクリプトも含みますが、これらはエキスパートアドバイザーとは異なり、前もって定義したアクションをトレーダーの代わりに実行することはなく、特定の取引の一つの約定を処理することを目的としています。

モバイル取引とMT4
MetaTrader4は、必要とされる21世紀の技術を駆使して設計され最大限の柔軟性を備えているので、投資家の移動中の取引をも可能にします。

これにより投資家は、自身のパソコンのWindowsやMacのオペレーティングシステム以外のスマートフォンやタブレットからも直接取引プラットフォームにアクセスすることが出来るのです。

したがって、 物理的な移動中に取引ポートフォリオや複数の取引口座の管理や監視が可能です。スマートフォン、ポケットPCやタブレットPCなどの携帯端末から一つのインターフェースを用いて複数の取引口座を管理することができる能力は、投資家の皆様に一定の優位性をもたらすものであり、ソフトウェアのIOSオペレーティングシステムとの交換性はMacユーザーが一日24時間市場の変化を観察し、iPhoneやiPad、iPod Touchから直接取引注文を出すことを可能にします。

MT4モバイル取引により、オンライン投資家はいつでもどこからでも世界市場を追跡し即座に発注、利益確定することを可能にし、自宅のパソコンから離れたところにいても自身の口座を管理出来ます。
さらに、モバイル取引でも様々な分析オプションおよび適切な口座管理のために必要な価格提示のチャートも表示します。

スマートフォンでもタブレットでも共通なMT4モバイル取引オプションを採用しているため 、オンライン投資家はどちらのデバイスを用いても最善の結果を期待しての取引が可能です。

是非、ご参考ください。

XM(エックスエム)新規ご登録はこちら↓




関連記事


総合優良バイナリーオプション業者ランキング


おすすめ記事