トレーダーズトラスト(Traders Trust) PAMM口座

トレーダーズトラスト(Traders Trust) PAMM口座

トレーダーズトラスト(Traders Trust) PAMM口座について案内致します。

PAMM口座とは?
簡単にご説明申し上げますと、PAMMとはPercentage Allocation Money Management(パーセンテージ・アロケーション・マネー・マネジメント) を意味します。PAMM口座では、資金を取引するマネジャーが、資金を入金する投資家(顧客)のために取引を行います。

またマスター口座とサブ口座が存在します。
これは例えていえば、親口座―子口座のようなものです。

資金取引するマネーマネジャー自身は入金を行う必要はなく、投資家(顧客)がサブ口座に資金を入金し、これらの資金の合計がマスター口座に反映されるようになります。

例:顧客Aは1K、顧客Bは2K、顧客Cは3Kを入金したと仮定し、各顧客は口座にそれぞれの金額が見えますが、マネジャーはマスター口座に合計6Kが確認できます。マネジャーはマスター口座で取引を開始し、その取引の利益は、顧客が投資した資金額に基づいてサブ口座に分配されます。

顧客はMT4を通してサブPAMM口座にログインはできません。
入金と出金は手動でTTCM側によって行われるため、顧客は好きな時にいつでもサブPAMMに入金、出金できるわけではありません。

PAMM口座の開設には下記の内容をご確認ください。

PAMM口座の開設によくあるケース:
ケース1:PAMM口座申請者が、IB(イントロデューシングブローカー)及びMM(マネーマネジャー)を兼用する場合。※マネジャー兼IBである場合は、マネーマネジャーは、成功報酬(パフォーマンスフィー)を受取れますが、IBとしてのリベートは受け取れません。
ケース2:MMとサブIBは別々であることが前提のケース。
サブIBは顧客を連れてくるのみで、MMはPAMM口座を開設し、顧客の資金運用を行うケース
※マネジャーは、成功報酬、IBはリベートを受取れます。

下記に、PAMM口座の開設の手順を簡単にご説明を申し上げます。
ステップ1➡ライブ口座開設の申請手続きを次のリンクより行い、必要事項の入力、必要書類を提出し承認が必要です。

※PC上に残っているキャッシュをクリーンにしてから口座開設申請を行ってください。
ステップ2➡PAMM口座申請者に、担当部門からシグナルプロバイダー用 LPOA(Limited Power of Attorney 限定委任状)フォームを送ります。

PAMM申請者は、そのフォームに(ストラテジーの名前、最大ドローダウン*、最低入金額、オンライン上のご署名等々)を記入して頂きます。

ステップ3➡申請者がフォーム記入後、担当部門へオンライン返送し承認後、担当部門がPAMM口座を開設、ログイン詳細をご提供いたします。

ステップ4➡顧客(資金を提供し、MMに取引してもらう)がフォロワー用(サブPAMM口座用)のLPOAを担当部門より受信し、署名を行った後、トレーダーズトラスト(Traders Trust)側で顧客のサブ口座をPAMMに組み合わせます。

*ドローダウンとは、一時的に最大資産から落ち込んだ場合の下落率を表します。 簡単に言うと、口座に入っている資産からどれぐらいの損失が出たか、ということです。例えば、資産がその時点で100万あり、ドローダウンが10%の場合は一時的に資産が90万まで落ち込んだということになります。

【注意事項】
※MMは毎月成功報酬を受け取ります。
※マネジャーとIBが別の場合は、マネジャーは成功報酬のみ受け取れ、IBは取引のリベートのみ受け取れます。

【よくある質問事項】
Q: 仮に、私がIBの契約及びPAMM口座開設をします。
連れてきた顧客Aは、A自身で10kUSDを取引し、他10kUSDは連れてきたマネジャーに取引してもらいます。

この場合、私はA自身の取引したボリュームによりリベートは入りますか。
A:IBとマネジャーが同じ人物である場合は、マネジャーとして成績報酬のみ受け取れ、IBリベートは受け取れません。
IBとマネジャーが別人物の場合は、IBは、顧客の取引したリベートを受け取り、マネーマネジャーは、PAMMのサブ口座からの成績報酬のみ受け取れます。

Q: PAMMの代用となるような似たようなサービスはありますか?
A:トレーダーズトラスト(Traders Trust)のサービスの一つとして、コピー取引の口座を持つことが可能です。利点として、PAMMとは異なりマネジャーの取引成績が良い場合、マネジャーは成績を公開でき、全ての新規フォロワーから成績料金を受けとれるからです。

Q:端的に言ってPAMMとコピー取引の違いは何ですか?
A:PAMMでは、マネーマネジャーが投資家の資金を取引し、サブ口座の所有者である顧客がいくら入金したかによって、ロットが配分されます。

コピー取引では、マスターの口座はサブ口座と分別され、マネジャーは自身の資金を取引します。つまり、マネジャーの取引は、サブ口座にある資金の割合によってコピーされます。

Q:顧客がPAMM口座上のサブ口座から入出金が自由に可能ですか?
A:全てのポジションが閉じられた場合には、顧客はサブ口座から入出金が可能です。

Q:PAMM口座では、TTCMと顧客の間で契約書を交わすことが必要ですか?
A:はい、顧客に対しては限定委任状が送られます。
コピー取引の場合には必要ありません。

Q:マスター口座上に、最低必要金額がありますか?
A:PAMM口座では最低必要金額はございませんが、コピー取引では、最低1000ドルが必要です。

是非、ご参考ください。

トレーダーズトラスト(Traders Trust)新規ご登録はこちら↓




関連記事


総合優良バイナリーオプション業者ランキング


おすすめ記事

ブログランキング