バイナリーオプションの逆マーチンゲールとは?

バイナリーオプションでは逆張り、マーチンゲール、
モンテカルロ、アービトラージといった手法を使い勝率を
アップを狙うことが出来ます。

実はマーチンゲールには逆マーチンゲールという手法も存在します。
普通のマーチンゲールは知っているけど、バイナリーオプションの
逆マーチンゲールとは?と思った方も多いのではないでしょうか。

逆マーチンゲールを分かりやすく解説するために、
まずマーチンゲールから説明していきたいと思います。

マーチンゲールは連敗した時に取引ごとに
掛け金を倍にしていく手法です。

連敗するとスタート時の掛け金よりも大きくなりますが、
どこかで勝てば倍掛けしているので利益となります。

ペイアウト倍率2倍の取引で最初に1,000円でからスタートし、
負ければ次は倍掛けの2,000円、そこでも負ければさらに倍掛けの
4,000円といったように倍にして掛けていきます。

4回目の取引では8,000円の掛け金となりますが、
4回目で勝てばペイアウト倍率が2倍なので
16,000円が払い出されます。

1回目1,000円、2回目2,000円、3回目4,000円、
4回目8,000円を投資したので合計投資額は15,000円です。
勝ち分の16,000円と差引と1,000円の利益となります。

これがマーチンゲール手法です。

では逆マーチンゲールについて解説していきます。
マーチンゲールを理解していれば逆マーチンゲールは簡単です。

マーチンゲールは連敗時に倍掛けしていきますが、
逆マーチンゲールは連勝時に倍掛けしていきます。

1回目に1,000円で勝ったなら2,000円、
また勝ったら4,000円と倍掛けします。

連勝が続けばかなりの利益が期待できますし、
負けても投資額が没収となるだけなので連勝時の利益でカバー出来ます。
負けた時に投資額を戻し、連勝したらまた倍掛けして取引を進めるという手法です。

要は連敗して倍掛けするか連勝して倍掛けするかだけの違いですが、
連勝しないことには逆マーチンゲールの力が発揮出来ないため、
連敗時にマーチンゲールと組み合わせて使用することも考えなければなりません。

それにペイアウト倍率が低いと利益が少なくなるので注意です。
連勝した時にどこかで逆マーチンゲールをストップさせて、
欲張らずに利益を確実に上げていくことも大事です。


関連記事


総合優良バイナリーオプション業者ランキング


おすすめ記事