バイナリーオプションのナンピンとは?

その前にザ・オプションの詳しいレビューも知りたい方も多いので詳しいレビューとお得な情報を知りたい場合はコチラから確認ください。

それでは本題に戻りまして解説していきます。

投資用語でナンピンという言葉があります。

ナンピンは例えば株である銘柄を購入し予想に反して
価格が下落してしまった場合、下がった価格で買い足すことで
1株の買い値を下げる手法です。

株で買い値より価格が下回ることは損失となりますが、
価格の下落を逆手にとってさらに買い足すことで
プラスマイナスゼロにしたり損失を少なくすることが出来ます。

ナンピンは漢字で書くと「難平」と表記し、
災難を平らにするという意味だそうです。

ナンピン買い、ナンピン売りといった使い方をします。
損失を抑える手法のひとつとして使われますが、
ヘタに使うとさらに損失が膨らむという危険性もあります。

ではバイナリーオプションでもナンピンは有効なのでしょうか。

バイナリーオプションのナンピンとは?という疑問について考えてみると、
バイナリーオプションは株とは異なり買い足しの出来ない投資商品です。

予想が当たるか外れるかで取引を行うため、株のように銘柄を
売買したりFXのように為替レートの差で利益を出すわけではありません。

1取引ごとに決済されるためエントリー後に買い足しは出来ませんが、
取引で連敗して損失が発生した時にナンピンが使えます。
例えば掛け金は1,000円5回エントリーして5連敗したとします。

そのまま終わると損失は5,000円ですが、別の取引で5回もしくは
それ以上エントリーすることで損失を平均化することが出来ます。

バイナリーオプションの単純な的中確率は50%であるため、
5連敗した後にさらにエントリーすれば損失を抑えられる可能性があります。

株のナンピンとは少し異なりますが、
追加エントリーして損失を最小限に抑えるという点では
ナンピンと言えます。

注意点はさらに連敗して損失が膨らんでしまうこと、
ペイアウト倍率によっては勝率を五分五分に出来ても
損失が発生してしまうということです。

バイナリーオプションでも連敗することはありますので、
ナンピンで損失額を抑えるのは投資や取引に慣れてからの方が良いでしょう。


関連記事


総合優良バイナリーオプション業者ランキング


おすすめ記事