バイナリーオプションのデメリットとは?

その前にザ・オプションの詳しいレビューも知りたい方も多いので詳しいレビューとお得な情報を知りたい場合はコチラから確認ください。

それでは本題に戻りまして解説していきます。

バイナリーオプションは投資初心者でも理解しやすいシンプルなルール、
短時間取引が可能なため少ない時間で取引が出来る、少額取引が
可能なため少ない資金でも投資が出来るといったメリットがあります。

では反対にバイナリーオプションのデメリットとは?
と聞かれると、二者択一の取引であるため基本勝率50%を
越えないと利益にならないという点です。

バイナリーオプションはペイアウト倍率で払い出し額が
決まりますが、ペイアウト倍率2倍以下の取引で勝率50%だと
マイナスになることもデメリットであると言えます。

ペイアウト倍率2倍の取引で勝率50%ならプラスマイナスゼロですが、
例えばペイアウト倍率1.8倍の取引で勝率50%だとマイナスになってしまいます。

勝率が50%というのは大きく負け越すことがないというメリットでもありますが、
利益を出すには勝率50%以上でなければならないというデメリットにもなり得ます。

いかに勝率50%以上をキープするかが
バイナリーオプションで利益を出すためのカギとなります。

予想を当てるか外すかのシンプルなルールであるため投資知識のない
初心者でも始めやすいとよく言われますが、利益を出すには市場の動きや
相場を知っておかなければなりません。

勝率を向上させるためにテクニカル指標などのツールも使用するため、
取引自体に参加するのは簡単でも利益を出すにはやはり投資に関する
知識が必要となります。

予想が外れた際は投資金を全て失う仕組みであるため、株やFXのように
損失を最小限に抑えるのが難しいというデメリットもあります。

権利放棄や途中精算が出来る業者なら負けが確定する前に損失を最小に
抑えることも出来ますが、全ての業者が権利放棄を採用しているわけではありません。

損失は投資額全額であるというのはリスク管理の点から考えれば
管理がしやすいですが、大きな掛け金で予想を外すと全額が
損失となってしまうリスクがあります。

そうしたデメリットもふまえてバイナリーオプションで
勝つために手法を用いたり、勝てる取引を読む力が必要となっています。


関連記事


総合優良バイナリーオプション業者ランキング


おすすめ記事