オプションビット(OptionBit) レンジ取引

こちらのオプションビット(OptionBit) レンジ取引がリニューアルされました。


オプションビットが・・

2017年末よりオプションビットはサイトリニューアルを致しました。
それに伴いレンジ取引についての記事もリニューアルしました。

リニューアル後のレンジ取引についてはコチラです。


 

オプションビット(OptionBit)のレンジの取引についてルールと説明していきますので、まずは説明と、そのあとに図解で操作法を解説していきますので参考にしてください。

このオプションビット(OptionBit)のレンジオプションもエキゾチックなオプションの一種で、資産レートが所定の制限時間内に特定の範囲内にあるか範囲外にあるかを予想する取引となります。レンジオプション取引をする際、トレーダーは3種類のレートを提示されます。

現在の取引価格である市場レート、上限レート、および下限レート インIn「レンジ内」を選択、オプションは期限時のレートが上限と下限のエリア内にある場合に勝ち取引となります。アウトOUT「レンジ外」オプションは期限時のレートが上限と下限の間にない場合に勝ち取引となります。

●【Option Bit –オプションビット】

コチラ⇒55china.net/url/optionbit_main.htm

まずこちらから入っていただきログインしてください。ログインしましたら「レンジ」取引の説明に入っていきましょう。

ログインした際に日本語の表記になっていなければ右上の下記のタブから、日本語の表記をお願いします。

これで日本語の表記になりましたら早速ですがレンジは、まず以下の「レンジ」のタブ部分をクリックしていきます。

次に、取引銘柄を選択していきます。

すると、右側には指定した銘柄の取引チャートが表示されます。

続いて、終了時間を選択していきます。

次に「In」「OUT」を選択して行きます。

選択は満期終了時にトレードした際の数値がレンジ(境界)範囲内で収まると予想した場合は「In」と選択してください。
逆に定められた所定のレンジ範囲よりも外に行くと予想した場合には「OUT」と選択してクリックしてください。「In」「OUT」のボタンの上に矢印を置くと下図のように範囲が青く表示されます。

Inの場合

INに矢印を合わせると、3つの数字が表示されます。
この表で例えると、今現在の市場価格0.84695に対し、終了時間の時点で0.84716と0.84674の範囲内(エリア内)に収まっていればペイアウトを獲得出来ます。

今現在の市場価格0.84695に対し、終了時間の時点で赤い部分の0.84716と0.84674のレンジ内に収まっていればペイアウトを獲得という事です。

OUTの場合

OUTに矢印を合わせると、同じく3つの数字が表示されます。

この表で例えると、今現在の市場価格0.84821に対し、終了時間の時点で0.84849または0.846793の範囲(エリア外)を越えればペイアウトを獲得出来ます。

現在の市場価格0.84821に対し、終了時間の時点で赤い部分の0.84849または0.846793の範囲(エリア外)を越えればペイアウトを獲得を獲得という事です。

ボタンを選択しましたら、このようなページへと変換されますので、投資額を入力し、最後に一番下の【トレード】ボタンを押します。


そして、問題なく開始された場合“取引が無事に実行されました。”と表示が出ます、これで取引確定です。

これで一連のオプションビット(OptionBit)レンジ取引の操作方法は終わりになります。
どの取引もシンプルですので最初のルールだけ要点を掴んで覚えてしまえば手順は一緒です。ですので自分の投資スタイルに合った取引を行ってください。それではレンジ取引の説明は以上となります。

ありがとうございました。

オプションビットのスペシャル特典の詳しい案内はコチラ▼




コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


総合優良バイナリーオプション業者ランキング


おすすめ記事

期間限定で無料公開中!

無料会員ページはコチラ▼

ブログランキング